Archive for 11月, 2009


午後テレビ(特に局名は秘す)を見るともなしに入れていたら
 
突然「ご家庭でも出来る、雪隠(セッチン)詰めをご紹介しましょう。」
と、女子アナが言うではないか!
 
おっ、それはまた珍しい話だと
急に興味をひかれて今度は本気でテレビを見た。
 
するとその女子アナ「それではキッチン染めをご紹介致します」と言うのだよ。
 
雪隠詰めは面白そうだけどキッチン染めには全く興味がないので
テレビを切ってしまった。
 
全く今時のアナウンサーは発音がなっとらん!
もっと勉強をせんか、勉強を。
広告

秋の洗車

13年目とは思えないこの輝き!
 
 
・・・・でも、あと一年で廃車にするかも。
 
 

いまどきの本屋

今、本を買うとカバーをかけてくれる。
 
でも本当に、ただかけてくれるだけ。
 
 
以前、本屋はカバーに挟みを入れて
表紙を包み込む様にしてかけてくれた。
 
仕方が無いから今本を買うと自分で昔のかけかたに
やりなおしている。
 
ポスター兼DM兼チラシです。
 
 
毎年、毎回ホールが変わっていやなんだけど
色々(おもに○の関係)事情がありまして・・。
 
     銀河管弦楽団ホーム ページ
 

森繁久弥死去

忘れられないことがある。
 
ミュージカル「屋根の上のヴァイオリン弾き」が大ヒットしていた時
来日中だったヴァイオリニストのアイザック・スターンが
それを観に行って感激し、終演後楽屋に森繁に面会に行ったら
森繁は「アイザック・スターンってだれだ?」と言って
面会を断ったという。
 
ユダヤ人の物語に感動したユダヤ系の偉大なヴァイオリニストを
門前払いとは・・・。
 
それ以来森繁のことを尊敬出来なく(はっきり言うと嫌いに)なってしまった。
 

中国山地

中国道は当然のことながら中国山地をひたすら走る。
 
そろそろ紅葉のはしりの中国山地
 

無事帰還

今回は行きに松江に一泊。
 
夜有名料理店で食事していたら
隣の席にいた女性二人が店の人に質問しているのが
耳に入った。
 
「縁結びの神様としては八重垣神社と出雲大社とどちらが
霊験あらたかですか?」と。
店の人は「今、店の者にアンケートをとってきます。」
 
アンケートの結果は、「やはり縁結び専門の八重垣神社の方が
よく効くんじゃないですか。」ということで
翌日の八重垣神社詣でが決定。
 
そのお二人のお写真。その日は松江地方は猛烈な雨風だったけど行ったのかしら?
          九州と東京から来てお参りのお二方
 
 ついでにホテルの窓から工事中のビル屋上越しに超望遠で撮った松江城の写真