Archive for 6月, 2006


うちの扇風機

うちの扇風機は1963年生まれである。
 
だから今年43歳の働き盛り?!
日立電機製なのだ。
 
苦しい時もうれしい時もいつも(実は夏だけ)
共に過ごした思い出の扇風機。
 
扇風機は何も云わないけれど
彼の気持ちはよく分かる。
(昔これに似た文句の歌があった様な・・・)
 
彼の優れた点は耐久性は勿論だけど
首振り角度の調節にある。
なんと20°から最大200°まで
無段で変えられる。
 
この機能を持った扇風機を
他には見たことが無い。
(見た人いたら教えて)
 
ひょっとしたらご主人様より長生きするのかも
 
 
今日も元気いっぱい回り続ける雄姿    
      ↓
広告

CD編集

9月に発売の銀河のCD  「キリギリスの丘」
の試聴盤を作った。
 
パソコンで編集しようとしたけど
ソフトが壊れてるのか元のCD を認識しなかったり
情報をパソコンからCDに移す時
途中でエラーが出たり。
 
ソフトをインストールし直したけど
ヤッパシだーめ。
 
結局CD-Rを数枚無駄にしてしまった。
ケチらないでちゃんとオーディオ用を買ったんだけどなぁ。
 
仕方なくマランツのCDレコーダーで編集したら
これが時間がかかるのかからないったらないよ。
 
半日がかりできれいに仕上がったのは
わずか二枚、やってらんないっての。
 
誰かCD編集の良いソフトを教えてくだされ。
お願いじゃ!
 
 

辛い下戸

きょうはLINKを倍増させた!
(二つから四つは倍増だよな。)
 
LINKのSingerさんで思い出したんだけど
 
こないだのバズーカのレコーディングのあと
Singerさんと洋太氏と呑み屋に寄った。
 
洋太氏は元々あまり嗜まないんだけど
それにしてもなんだか自分ひとりだけで
飲んでるようで変だった。
 
気がついてみると
Singerさん全然飲んでいなかった。
 
実はSingerさんとても酒が好きなのに
酒を飲んではいけない体質なんだと!
嫌いで飲まないのはまあ仕方ないけど
好きなのに飲めないなんて・・・・
 
俺には生き地獄だな、それって。
 
スペースへのアクセス倍増するかなァ?
 
 

スンレツ

今日はレッスン日。
 
昔々、学生の頃M音楽大学の学生どもは
レッスンのことをスンレツなどと言っておった。
「明日はスンレツなのに全然さらってねーや、ヤバ」
てなもんさ。
 
世界でただ独りのシーデー(弟子)は
ずーっとザイツ(財津じゃないよ)のコンチェルト(G-dur)を
やっていたんだけど今日めでたく終了した。
 
どうもスタッカートが苦手でねぇ。
スタッカートが出来ないとあの曲は弾けないのだ。
だから出来ていないけど終了した。
 
誰かスタッカートの指導法を指導してくれ
 

銀河漬けの一日

昨日は新宿御苑の(中にあるわけじゃない)バズーカスタジオで
銀河の今度のCDの9曲を11時から夜9時過ぎまで
かけてトラックダウンした。
 
今の録音はテープではなくハードディスクに
録るので編集が自由自在なのだ。
驚き桃の木サンショの木
ブリキに狸に蓄音機だった!
 
最初はどこかの倉庫で演奏してるような音だったのが
まるでホール録音のようにヘンシーン!
 
すごい技術だ。
 
昔テ-プを切り貼りしてた時代からは
想像もつかない。
 
トラックダウン終了後の打ち上げは昔と変わりなし。
 
結局リリースは9月始めにずれ込みそうになった。
七夕コンサートも会場がとれなくて中止になるし。
 
 

演歌漬けの一日

Kレコードのスタジオで朝10時から夕方5時まで
カラオケの仕事をした。
 
全部で11曲。
 
演歌って「港」か「酒」が題名に入るもんだけど
今日は珍しく一曲もそれが入らなかったようだ。
(あまりよく憶えていないんだ)
 
体に演歌のにおいが染み込んだみたい。
ドンカマの音が耳にこびり付いてる。
(ドンカマってリズムボックスのことで英語ではクリック。
ドンカマはドンカマチックという商品名が略されて一般化された。)
 
今日は銀河のギタリストかもめさんも一緒でした。
 
写真は愛器ロジェーリ
    かもめさん
    Kレコード美人受付Yさん
 
 
 
 

連想ゲーム 

今日はうちの女どもは渋谷ぶんかむらにでかけ
夜はどこだかでお食事だぁ。
 
こちとらは電子レンジのお世話で
豪華ディナーと独り酒盛り。
 
意外にタノシー。
 
久し振りにハートランドを飲んだ。
 
ハートランドで子守唄を連想する人は
一種の教養(?)あるひとかも・・・・。
 
連想浮かんだ人はコメントを!
 
 
VIENTOというところ(風という意味らしい)に
髪のカットに行った。
 
一月半ぶりなのでサッパリしたけど
ふところもサッパリしてしまった。
 
美容院って高いのよね~。
 
 
 
カットの効果もサッパリ?

曲名~タイトル

15日のレコーディングの「てらこや」という曲。
 
譜面には「寺小屋」と書いてあったので
そんなもんかと思っていた。
 
今日「寺小屋」じゃない
「寺子屋」だ!と思い当たった。
 
「寺・小屋」ではなく「寺子・屋」だ、と。
 
ま、題名はどっちでも曲はイイ曲ですよ。
 
重箱のスミをほじくる悪い趣味が出てしまった
 
 
 
テラコヤ騒動の張本人田中洋太氏
行きの小田急で前に座っていた30前後の男のハナシ。
 
国際なんとか法という本を読んでた。(そーゆー面してないんだけど)
そのうち指を二、三本使って鼻くそほじりを始めた。
それから胸ポケットからその指で蛍光ペンを取り出し
その指で触ったキャップを口に挟んで外した。
唖然呆然とみていると今度は国語辞書を鞄から出して
あの指をなめてページをめくったの!
 
その男の隣にいた若い色白の美男子君
見てみぬ振りをしていたけど立っていた俺と目が合い
二人は奇妙な連帯感で結ばれた。
 
さて銀河のホームスタジオ・バズーカの録音。
今日は五月に録った残りの4曲。
 
一曲目は「寺子屋」
題名はよく分からないけど曲はきれいだったよ。
二曲目は GATARO CAFE
洋太さんとギターのかもめさんが行くイタ飯屋のイメージだそうな。
その店に行きたくなる様な曲。
 
ここで昼飯、今日はテナーサックス小峰氏の見立てで蟹クリームコロッケ・カレー!
 
三曲目は A Giant of Summer Cloud
夏はあんまり好きじゃないけどこの曲は好きだなあという感じ。
四曲目は「雨垂れ」
ショパンはああいう風に書き洋太はこう書くのか・・・
でかい台風の時作ったそうです。
 
23日にトラックダウン7月リリース ご期待を!
 
 
yamasei-chanは慎太郎みたいな顔つき。
 
ベースの牧島さんは彼のファンの為にアップロード。