歳のせいで何年か読書を控えていた。

家族に勧められてスティーヴン・キングを読んでみた。

DSC_0002

これが間違いのもとさ。

皮肉交じりの心理描写、人物描写。

ぐいぐいと引き込まれるストーリーの展開の巧みさ。

夜は誰かについて行ってもらわないとトイレに行けないような不気味さ。

まだ二部の半分までしか来ていないけど四部まであるのだ。

どうしよう。