昔、ラジオ日本がラジオ関東といっていたころ
真夜中に「昨日の続き」という大橋巨泉の番組があった。

この番組の最後に巨泉が
「今日の話は昨日の続き 今日の続きはまた明日」
といってしめていた。

巨泉というのは他人のことをお前呼ばわりするので
嫌いだったけど、言葉を操ったり言葉で遊んだりするのは
真に巧みだった。

そこで昨日の話に行くわけだけど
あるニュース番組で政治関係のリポーターの女が
「この問題はナナガツまでもつれこむ云々」と云っていた。

7月はシチガツ(関西ではヒチガツ?)、7日はナヌカ(ナノカとも?)という
ことも知らない女にテレビでしゃべっていただきたくないのだ。

でも誰もそんなことを彼女に教えてはやらないだろうから
今年の暮れも押し迫ってきた頃
「来年のヒトガツ・ヒトニチには」
などとしたり顔でリポートしてくれるのだろうよ、きっと。