今日高速が渋滞しているニュースを見ていて
はたと気が付いた。(膝は打たなかったけど)

何を隠そう渋滞の元凶はオートマティック・トランスミッション車なのだ。

渋滞は一台の車がブレーキペダルを踏むことから始まるという。
そしてその後続の車が次々にブレーキをかけついには渋滞が起きてしまうのだ。

MT車ならエンジンブレーキで事足りるところを
AT車はやれカーブだ、下りだ、トンネルだと滅多矢鱈にブレーキ操作をする。

これで渋滞が起きない方が不思議なくらいだよ。

因みに渋滞名所はカーブ、トンネル、急勾配のあるところが殆どだ。

あたしゃ、AT車は嫌いだねぇ。

広告