「 」内の片仮名はアクセントを表すものと思われよ。

職業柄、音楽を耳にすると音程やピッチが気になる。

人のしゃべる言葉の抑揚も言語学者でもないのに
何故かやはり気になる。

若布のことを近頃ほとんどの人が「ワかめ」と言う。
これは間違いだぞ!
正しくは「わカめ」なのだ。

嘘だと思うなら
明解国語辞典でもアクセント辞典でも引いてみろってンだ。

こういう由々しき事態になった原因は
アニメの「サザエさん(この片仮名はアクセントとは無関係)」に
あるのではないかと思う。

あのアニメで磯野家の人たちが、わかめちゃんのことを
「ワかめ」、「ワかめ」と呼んでいる。
高視聴率のあのアニメのせいで
視聴者はアクセント・コントロ-ル?されてしまったのだ。

熊のことを「クま」とアナウンサーまで言ってた時期があったけど
最近「くマ」と言うように改善されてきたのは喜ばしいことだ。

熊を「クま」と言うようになった原因は落語にあると思う。
落語に登場する「熊さん、八っつぁん」の熊さんを
「クま、クま」というもんだから、動物の方も
いつの間にか「クま」にされちまったという訳だ。

人の名前は最初の音にアクセントを付けるので
こういう混乱が生じるんだろうか。
しゃべって稼いでる人たちは
稼ぎのもとである言葉を、もう少し大切に扱ってほしいもんだ。

            IMG_0372
                  (本文とは何の関係もありません)