着付け教室のCMで

オーケストラがワーグナーの序曲を演奏している会場で
演奏中に客席のある女性がとなりの女性の着物を褒めると
彼女は「自分で着付けた」と云う。

すると、ステージ上のコンダクターとオケの連中が
演奏を中断、てっきり「シーッ!」とでも云うかと思いきや
なんと全員で彼女の和服姿を称賛し
何故か彼女にピン・スポット照明まで当たるのだ。

「着付け」はきっちり身についても
「躾」は全くなっちゃいないという戒めのCMなのか?

ついでに
オーケストラはアテブリで、シンセサイザーの音が流れていた

嗚呼!・・・・。