「ファが無い」と騒いでるオーケストラのCMがあった。
(確かナントカ証券会社の・・・・)
 
ワルツ王シュトラウスの「美しく青きドナウ」(オケでは「青・ダニ」と称する)を
演奏しようとするとあの旋律の二番目の音が出ないというのだ。
その後もその音程の音が出ない。
 
その出ない音がファと言いたいらしいけど、ちょっと待て!
その音は青ダニはニ長調なのでファではなくファ#だぞ。
(後でスコアがチラッと映るけどちゃんと#二つ書いてあったのだ)
 
だからあのメロディーでファの音が無くても一向に差し支えないはずなのだ。
 
ファじゃなくて旋律の三番目のラにすればこんな指摘も受けず
オケはもっと困って面白かったのにね。
 
ファの音が届けられて曲を演奏した時
フルートかピッコロがラの音をを吹くべきところを
とちってソの音を吹いてるから注意深く聴いてみるベシ。
 
広告