まだT交響楽団でバイオリンを弾いていた
そんな昔の話。
 
その頃スウェーデンのイングマール・ベルイマン監督の

映画「沈黙」というのが話題になり(特に強姦シ-ンが)早速観に行った。
 
翌日オケの練習の前にメンバーとその映画の事を
ワイワイ話していたらNというU音大新卒のバイオリンの
女の子が話に割り込んできた。
 
「ねえ、ねえ、その映画って主人公の女の人が
キョウカンされるんでしょ?」
 
全員 沈黙・・・・・
 
彼女は「強姦」をキョウカンと読んでいたらしい。
 
以後彼女は「キョウカン」というニックネームを頂戴し
しかも「キョウカーン」と呼ばれると
「ハーイ」と明るく返事していた。
 
漢字の読み違い・カンチガイには
気をつけねば。
 
 
 
 
 
広告